良い遠赤外線サウナの選び方

 遠赤外線サウナといってもいろいろな種類がありますが、良いサウナの選び方をここでは考えていきましょう。まずチェックするポイントとして、良い波長が出ているのかどうかを調べましょう。
 遠赤外線の波長は通常5.6から25ですが、体に効果があるとされているのは10なので、10前後の波長が出ているかどうか確かめてみましょう。だいたい9から12の表示で遠赤外線が出ているサウナなのかチェックしておきましょう。その上で遠赤外線を全身に当てられるかどうかも重要なポイントです。部分的なものはあまりサウナ効果がないでしょう。顔出し、頭だしのサウナでもしっかりとした製品でも汗をかけますが、全身にサウナ遠赤外線が当たらなければ意味がないのです。
 製品の中には、遠赤外線サウナといっても温風が出るだけのものもあるので注意しましょう。毎日そのサウナを使うことが出来るのか、それも選ぶ際のポイントです。わざわざ出してきてやらないといけないようなサウナを面倒だと感じるのであれば、長続きしないので、製品の問題よりも自分が毎日使用できるかどうかを考えましょう。
 次に値段と耐久性です。安すぎてもいけませんし高すぎてもいけません。適度な値段で、耐久性はどうなのか、よくチェックした上で選びましょう。高くても、耐久性がないものを選ぶとすぐに壊れてしまいます。出来れば15年は使えるものを選びましょう。そして収納タイプのものは収納できるのかどうか、場所があるのかどうかもポイントです。電気代も確認したうえで遠赤外線サウナを選びたいですね。



↑ ページトップへ