サウナの正しい入り方

 サウナの正しい入り方は、意外と知らない人も多いと思います。せっかく新陳代謝のアップや美肌、ダイエット効果など、様々な美容効果を期待できるサウナですから、少しでもその効果を実感できるようにするためにも、正しいサウナの入り方をマスターしたいものですね。
 まず、サウナに入る前ですが、食後のおなかがいっぱいの状態ではサウナに入っても効果はありませんし、空腹でもいけませんので、食後1-2時間空けたくらいで入るのがいいでしょう。お酒を飲んだ後も大変危険ですからサウナに入らないようにします。そして体が極度に疲労している、興奮状態にある人も避けたほうがいいでしょう。
 サウナに入る前に、かけ湯などをして濡れたまま入ってしまうと、その水の蒸発熱によって体が冷えて汗が出にくくなるので、よく水分をふいてから入るようにしましょう。
 サウナの中に入ったら、横になるスペースがあるなら横になっていると一番いいでしょう。入る時間は10分から15分で切り上げましょう。そして一度水風呂に入って、それから2回戦です。これを大体3回ほど繰り返すのが一番よいサウナの入り方です。サウナに連続して1時間や2時間入るというよりも、このように15分に1回水風呂に入って、またサウナに入るという繰り返しが健康的な正しいサウナの入り方です。サウナで座っている位置ですが、低いベンチや下段よりも、高い場所の高温のところで短時間に汗をかいて出たほうが心臓に負担もかからないので安全です。

↑ ページトップへ