岩盤浴の特徴

 岩盤浴に使われている石は、色々と種類がありますが、自然の中で最高のマイナスイオンが出るといわれている、ゲルマニウム原石を使っているところが多いでしょう。岩盤浴の場所によって、石の形もスタイルもいろいろですが、横になるベッドタイプのところから、ベンチシートタイプになって座って実感するタイプまでいろいろとあります。ベンチシートタイプの岩盤浴なら、腰が悪くて横になるのがつらい人でも手軽に岩盤浴を楽しむことが出来ます。
 岩盤浴は、お湯を使わないで入浴する方法とも言われており、サウナのような効果を実感することが出来るのですが、サウナ以上に汗をかくことが出来るということでも知られています。浴衣などを着たまま岩盤浴をしますし、お風呂とは違っています。サウナのように空間の中が息苦しいということもありませんから、サウナとも違っています。お風呂に入ると水圧が体に負担をかけるということもあるのですが、岩盤浴は水も使いませんからその負担もなくなります。
 サウナに入りたいけど、あの特有の息苦しさが苦手という人は岩盤浴をするといいかもしれません。岩盤浴なら、小さいお子さんからお年寄りまで、誰でも健康のために利用することが出来るからです。効果は色々とありますが、エネルギーが石から出ているので、血行の促進や体内環境を正常に保つことが出来るなどの特徴があります。ダイエット効果として代謝のアップ、そしてリラクゼーション効果なども期待できます。



↑ ページトップへ