水風呂の入り方

 ここではサウナに入ったときの水風呂の入り方について考えてゆきましょう。水風呂についてですが、サウナに15分ほど入ったら一度あがって、水風呂に入るのが正しい入り方です。我慢大会のように、サウナに1時間も2時間も入り続けている人がいますが、それは正しいサウナの入り方ではありませんから、正しくは15分ほどサウナに入ったら水風呂につかるというのを3回ほど繰り返すのがいいのです。
 水風呂と聞くと、冷たすぎて冷え性になりそうだから入らないという人もいるかもしれません。しかしサウナでは体を熱々煮まで温めていますから、水風呂に入って冷やすということがとても重要です。温めて冷やす、温めて冷やす、これは新陳代謝をよくすることにつながります。
 サウナが熱くて、水風呂が冷たい、これが苦手という人も多いのかもしれませんが、サウナの効果をよりアップさせるためには、この水風呂は欠かせないものなのです。具体的な水風呂の入り方についてですが、リンパ節にポイントをおいて冷やすようにしましょう。言ってみれば大の字で入るのが一番いいですが、人がいるとこれは無理ですから、人がいるかどうか確認したうえで行いましょう。ひざの後ろやわきの下などリンパがあるところを重点的に冷やすと効果があります。首の後ろには一番からだで大切なリンパがありますから、こちらもしっかりと冷やすようにしましょう。そうすることで新陳代謝はどんどんアップしていきますから、サウナに入っても効果がアップしていきます。水風呂につかれない人はせめて膝くらいまではつかるか、水のシャワーを少しかけてみるようにしましょう。

↑ ページトップへ